ハーブの収穫

【ハーブの収穫方法】ハーブはつまみ食い形式で効率的に収穫しよう

ハーブの収穫が待ちきれない・・・。

どのタイミングでハーブを収穫するのが良いのだろうか・・・。

ちょうどよくハーブが成長してきたら、どのタイミングで収穫すれば良いが悩む人も多いとおもいます。

せっかく、自分で育てたのだから、いち早く収穫したいところですが、収穫しすぎても枯れてしまうかもしれませんので、注意が必要です。

初心者が家庭菜園するならまずハーブを育てるべき。ハーブ栽培が失敗しない理由を解説。

今回は、ハーブの効率的に収穫方法について解説します。

収穫するタイミングは新芽のハーブ

ハーブの収穫時のポイント

・葉の収穫:葉が硬くならないように花を咲かせる前に摘心して収穫

・花の収穫:花の咲き始めに収穫

・種の収穫:褐色になりはじめた頃に茎ごと収穫

葉の収穫:葉が硬くならないように花を咲かせる前に摘心して収穫

葉を収穫するハーブは、花を咲かせると葉が硬くなってしまいます。そのため、蕾がでてきたら、摘心を行い花が咲かせないようにしまう。

蕾はつぎつぎと生えてくるので、注意深く摘心をしてください。

ハーブの葉は生で料理に使ったりするので、一度葉が硬くなってしまったら食べれなくなってしまいます。

花の収穫:花の咲き始めに収穫

花は咲いてから、あっという間に散ってしまいます。そのため、花が咲き始めたら新鮮なうちにすぐに収穫しましょう。

 

種の収穫:褐色になりはじめた頃に茎ごと収穫

種を収穫したい時は、褐色になり始めた頃に茎ごと切り取って、茎を逆さまにして袋に入れて種をふるい落とすか、そのまま熟すまで吊るしておきます。

ハーブを乾燥することで、長期保存が可能になりますが、十分に乾燥させないとカビが生えてしまうことがあります。

特に湿気が多い梅雨の時期は注意が必要です。

梅雨の時期のハーブ栽培/ガーデニング対策方法。水やりと置き場所に注意を。

乾燥方法も気をつけて、念入りに乾燥させるようにしましょう。一度乾燥させれば、長くハーブを利用することができます。

ハーブの収穫のしすぎには注意

花や種は全て収穫しても問題はありませんが、葉は収穫しすぎると最悪の場合帰れてしまいます。

ハーブの葉はついついたくさん収穫しがちになってしまいますが、収穫量には十分気をつけましょう。

葉を収穫すれば、太陽の光を受ける面積が少なくなるので、傷を回復する速度と再び成長する速度が遅くなってしまいます。

再び収穫することを意識しながら収穫量をコントロールしましょう。取りすぎは厳禁です。

まとめ:ハーブの葉は取りすぎ注意

今回は、ハーブの効率的に収穫方法について解説しました。

収穫方法は葉、花、種ごとにポイントがあります。

特にハーブの葉を収穫する時には、収穫しすぎないように注意しましょう。

これからハーブを育ててみたい人は参考にしてください。