ハーブ選び

【虫がきらいでも大丈夫】害虫が寄り付かないハーブまとめ。

緑の多い公園を思い浮かべれば、きれいな蝶々が飛んでいる一方で虫がいっぱい生息していますよね。

ベランダなどで植物をお育てる場合も同様に虫が集まってきます。

これから家庭菜園を始めてみたいと考えている人の中で虫が苦手という人は、ハーブを育てれるか心配な方も多いと思います。

そんな時は、虫があまり集まらないハーブから育ててみることをお勧めします。

緑に囲まれた生活を送りたいけども、虫がわんさか集まってきたら嫌っという人へ害虫が寄り付かないハーブを解説します。

ハーブは虫除け効果のある植物

ハーブは害虫に比較的強い植物です。体の動かすことのできないハーブはエッセンシャルオイル(精油)という植物に食べられないように虫が嫌がる香り成分を体内に作るようになりました。

人間にとっては、アロマやシャンプーなどたくさんの芳香剤としてハーブを使用していますが、ハーブの独特な香りが虫除けの効果を生み出しています。

ハーブの虫除け効果により、ハエやゴキブリなどが1人暮らしの天敵がよりつかなくなります。1人暮らしはどうしても家にいることが少なくなって不衛生になりがちなので、ハーブを家で育てることは部屋の香りもよくなるのでとてもおすすめです。

そのため、ハーブは他の植物と隣り合わせて植えることで、虫除けの役目を果たします。これをコンパニオンプランツと呼びます。

コンパニオンプランツの効果としては、虫除け効果の他に病気予防や野菜の味をよくする効果のある組み合わせがあります。

害虫がつきにくいハーブと害虫がつきやすいハーブ

それぞれのハーブが持つエッセンシャルオイルは様々な効果があります。

害虫がつきにくいハーブとつきやすいハーブをまとめました。

害虫がつきにくいハーブ

・ローズマリー

・タイム

・スイートマジョラム

・レモングラス

・レモンバーム

・ミント

・フレンチタゴラン

・フェンネル

まず虫が苦手な人は、こちらのハーブから育ててみるのが良いと思います。

害虫がつきやすいハーブ

・チャービル

・カモミール

・ロケット

・ディル

・スイートバジル

・イタリアンパセリ

・フレンチソレル

他の植物と比較すれば虫は寄ってこない部類ですので、参考としてください。

まとめ

虫はどうしても苦手という人は、まずは虫が寄りつきにくいハーブを選ぶのが良いです。これから、たくさんハーブを育てるには虫と仲良くなる練習も必要だと思います。

品種以外にも風通しや日当たりをコントロールすることで虫が発生するのを防ぐこともできます。