ハーブ選び

初心者が家庭菜園するならまずハーブを育てるべき。ハーブ栽培が失敗しない理由を解説。

「初めての家庭菜園で簡単で失敗しない植物はなんだろう」

それは、間違いなくハーブです。ハーブは育てやすく、使いやすい万能な植物だからです。

今回は初心者がハーブをオススメな理由について解説します。これから家庭菜園をしようと考えている人はまずハーブに挑戦してみましょう。

ハーブは雑草のような生命力がある

雑草のように生えるハーブとしての代表格がミントです。

庭にハーブを地植えしたら、庭がハーブだらけになってしまうほど生命力が強いです。

そのため、ある程度大きく育ってくるとしっかりと水を与えなくても枯れることはなくなるほど管理が容易です。面倒くさがりな人や枯らしてしまうか心配な人は安心して育てることができるはずです。

水を与えなさすぎると枯れてしまうので注意してください。

また、ハーブは独特な香りを放つので虫除けの効果があります。

関連記事:【虫がきらいでも大丈夫】害虫が寄り付かないハーブまとめ。

庭のような広い場所ではなく、マンションでもすくすく育ちます。

関連記事:【室外VS室内】マンションでハーブを育てるのに最適な場所

ハーブは育てながら収穫ができる

順調に成長していくと、早く収穫してハーブを料理などに使いたいと思うようになるのではないでしょうか。

ハーブであれば、成長の途中で一部をちぎってもまたニョキ二ョキと成長してきます。そのため、定期的に収穫をすることができます。

芽の間引きの段階で味見をすることができるので、タネを蒔いてから2週間くらいで初めての収穫をすることができます。

しっかりと育ててあげれば、食用ハーブを買うよりも育てる方が元を取ることできます。

関連記事:【比較検証】ワンルームハーブ園でのガーデニングは元が取れるか。初期費用とランニングコストを算出してみた。

料理やハーブティ、芳香剤など使い方がたくさんある

ハーブは料理やお茶に使ったりと様々な使い方があります。このようにハーブを使って何かを作ることを「ハーブクラフト」と言います。

食べる以外にも、芳香剤などの入浴剤や消臭剤など自分のお気に入りの使い方を実践してみても面白いと思います。

また、同じハーブでもたくさんの種類があるので、その違いを楽しむのも奥が深いですね。

結論:ハーブは育てやすい、たくさん収穫、使い方たくさんのなんでもありの植物

ハーブの楽しみ方は育てる段階かた活用するまで余すことなく楽しむことができます。

初心者の人が最も気になる「失敗しないか」ということも、比較的簡単な植物なので、まずはハーブを育てることに挑戦してみましょう。

関連記事

【初心者の最初の難関】ハーブの水やりの頻度と量について