ハーブのコラム

梅雨の時期のハーブ栽培/ガーデニング対策方法。水やりと置き場所に注意を。

梅雨の時期にハーブを枯らさないための注意点はあるのか

より良いハーブの管理方法はあるのだろうか

梅雨の時期は曇りや雨が続くので、ハーブが元気よく育ちません。

梅雨の時期にハーブの管理方法を間違えると最悪の場合、枯れてしまうこともあります。

今回は梅雨時期のハーブ栽培の対策方法について解説します。

梅雨の時期に起きる悲劇

梅雨の時期は曇りや雨の日が長く続くので、なかなか土が乾燥しません。土が乾燥せずに湿った状態が続くと、根が根腐れの状態となってしまい枯れてしまいます。

さらに、土にカビが生えてしまうなどの問題が発生して衛生面にも好ましくありません。ハーブの栄養源である太陽の光も少なくなってしまうので元気のないハーブになってしまいます。

せっかく、食べるために育てているハーブもカビが生えたり、しなしなの状態ではガーデニングを諦めてしまうようになっては勿体ないです。

土の表面をしっかりと観察して水やりは頻度は控えめに

梅雨の時期は曇りや雨の日が長く続くので、なかなか土が乾燥しません。土が乾燥せずに湿った状態が続くと、根が根腐れの状態となってしまい枯れてしまいます。

水のやりすぎによる根腐れ問題については過去の記事でご紹介しました。

根腐れをさせないためには、土を定期的に乾燥させる状態が望ましいです。かといって、乾燥したら、今度は水を与える必要があります。

水やりの調整が難しいですが、毎日ハーブの状態を注意して観察しましょう。

水やりの注意点については、以前の記事でご紹介しました。

【初心者の最初の難関】ハーブの水やりの頻度と量について

土の乾燥具合は気温によっても違うので、曇りの日が続いているからといって水を与えないとハーブが枯れてしまうということがないように気をつけましょう。

雨が当たらなく風通しの良い場所に

よりハーブを元気な状態で育てるには、ハーブを雨に当たらない場所に置くことと風通しの良い場所に置くことがおすすめです。

普段は太陽はサンサンと降り注ぐようなところにハーブを置いている人も多いと思いますが、梅雨の時期は屋根の下や室内に置くなど場所を移動させましょう。

また、カビの防止の観点から、風通しの良い場所に置くと土の乾燥も早いしオススメです。かといって、室内で除湿機をかけて湿度を強制的に減らすなどの人工的な環境を作るのは控えましょう。

ハーブの元気な状態の見分け方は以前の記事で紹介したので、参考にしてください。

【ハーブの苗を選び方】元気な苗を見分けるポイント

まとめ

今回は梅雨時期のハーブ栽培の対策方法について解説しました。

梅雨の時期は太陽が出ない日が長期間続くので、土が湿ったままにならないように注意が必要です。

逆に旅行などで家を不在にしている時も乾燥対策が必要です。

【旅行などの長期不在時の対策】留守中のハーブの水やり対策は水やりキットを利用しよう

梅雨の時は少しだけ工夫して、梅雨でも元気なハーブを育てましょう。